植毛は効果的な薄毛治療法

多くの男性にとって薄毛は、大きな悩みの一つです。ある程度加齢と共に仕方が無いかと割り切ることも出来ますが、出来れば何とかして薄毛を改善させたいです。
薄毛を改善させる為には、幾つかの方法があります。生活習慣を見直したり、育毛剤などを使用することも有効な手段です。しかし、それらの方法は効果に個人差がありますし、中長期にわたり続けてみないと効果があるか分かりません。もっと明確に薄毛を改善されたい場合は、植毛と言う選択肢があります。
植毛とは文字通り頭皮に毛を植えることです。植毛には、自毛と人工毛を利用する方法があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、よく検討してから実行することが大切です。
自毛植毛は、後頭部など髪の毛が充分にあるところから髪の毛を取ってきて、薄毛部分に植え替えます。自毛植毛のメリットは、一度植えればその後はメンテナンスが不要なことです。他の毛と同じ様に成長してから抜け落ちて、再び生えて来ます。散髪も自由に出来ますので、、植毛したことを意識せずに生活することが可能です。ただし、デメリットな点として、一度に移植出来る本数が限られていますので、何回か手術を行わなければいけません。また、移植する髪の毛が必要ですので、薄毛部分が広範囲にわたる方は、満足出来る効果を得られない可能性があります。しかし、近年は技術も進歩して来ましたので、一度に移植出来る本数も以前と比べて増えて来ましたし、メスを使わずに植毛することも可能となって来ました。
一方、人工毛植毛は人工の毛を植えますので、一度に多量の人工毛を植えることが可能です。また残っている髪の毛の本数に左右されずに植毛を行うことが出来ます。しかし、人工の毛ですので決して成長することはありません。ですので、周りの自毛とのバランスを取る為に定期的にメンテナンスを施すことが必要です。費用的には自毛植毛よりも安いですが、メンテナンス費用を含めると割高になってしますこともあります。