病院と自宅での薄毛治療のメリット、デメリット

薄毛治療を行うには、多くく分けて、病院で行う方法と自宅で行う方法があります。この両者においては、それぞれ、メリットデメリットがあり、それらを十分に把握した上で、自分にあった薄毛治療を選ぶ事が大切です。

まず、病院で薄毛治療を行うメリットとしては、専門医による問診や血液検査、DNA検査などによって、的確な治療方法を選択する事ができる点にあります。そうして、自分に合った治療方法を決めた上で、プロペシアなど薄毛治療に効果的だと言われている薬の処方も受ける事でき、治療を進めて行く事ができます。

一方、そんな、病院での薄毛治療においても、もちろん、デメリットはあります。その大きなデメリットとして、治療費の高さがあります。病院に行くとは言っても、薄毛治療は、保険適応外の治療になる為、高額な治療費が必要になってきます。具体的な金額としては、月に1万円程度が続くと言った感じです。月に1万円程度と聞くと、さほど、高額な金額ではないように思えるかも知れませんが、薄毛治療の場合、数か月以上もの治療が必要になってくる事から、積み重なる治療費が重くのしかかってくる事も少なくありません。

そんな、病院での薄毛治療に対し、自宅で行う薄毛治療のメリットには、費用を抑える事ができる点が挙げられます。自宅で薄毛治療を行う場合、育毛剤などドラックストアなどで簡単に苦入する事ができるものを利用し、行う事になってきます。この場合、価格は、2000円前後といったものが多く、月に1本使い切ったとしても、病院に比べ、かなりの節約をする事が可能です。

そんな、自宅で行う薄毛治療においては、あまり、効果を期待する事ができな場合も多いと言うデメリットがあります。もちろん、自分にあった育毛剤などに出会う事ができ、効果を実する事ができる可能性も十分あります。しかし、的確な検査を行ったうえで、育毛剤を選んでいると言うわけではなく、自分の好みなどで選ぶ事も多い事から、実際、自分にあった育毛剤に辿り着くまで、時間がかかってしまう事も少なくありません。一般的に同じ育毛剤を半年は使い続けないと効果の有無を確認することができないと言われている育毛剤。その為、半年使って、効果が得られなければ、また、違う育毛剤と言った感じで、時間もお金も必要になってくる場合が多くなっているのです。
このように、薄毛治療においては、様々なメリット、デメリットがあり、それらを十分に考慮した上で確かな方法を選択する必要があります。